任意整理をすると他で借りる時のローンの審査に影響するの?

毎月の返済が大変で、このままでは返済が出来なくなるということで、
債務整理をすることにして任意整理をすることにしました。

 

それで弁護士または司法書士の法律家に依頼することにしました。

債務整理の中で任意整理を選びました。

弁護士は依頼者と毎月の返済可能額を話し合い、3年間で完済できる額まで債務を減額して、
その額で債権者と交渉をするべく債権者側に着任通知を送ります。

 

着任通知を受け取った金融業者は、依頼者に弁護士との交渉を終えるまで
債権の返済を要求出来なくなります。

 

この時金融事故として金融業者は信用情報機関に依頼者を登録しますから、
依頼者は他の業者のローンの審査に通らなくなります。

 

この日から依頼者はしばらく新規でどこからも借りられません。

任意整理が終了しても...

交渉が終わり債務が減額されて3年間返済し続けて、債務を完済し終わりました。

 

それで依頼者は任意整理した債務も完済出来たので、もう他から借りられると思って、
他の金融業者にカードローンを申し込みました。

 

しかし審査で落とされます。
何故なら信用情報機関にブラックの情報が残ったままだからです。

 

そのブラックの情報が抹消されるまで、貸金業者の信用情報機関で5年、
銀行系なら10年はかかります。

 

その間はどこからも借りられないということです。
任意整理をすると他で借りる時のローンの審査に影響します。

 

ブラックリストに載っている状態なので、ブラックの期間が過ぎるまで、
どこからも借りられないということです。

 

任意整理を実行するときも後の事をしっかり考えて進めることが大切です。
そのあたりもしっかり最初に弁護士と打ち合わせすることが重要になります。

 

↓↓借金問題は一人で悩んでいても解決しません。早めの対応が大切です!↓↓

借金相談ホットライン

>>借金返済に困ったら、まずは借金相談ホットラインを利用!!<<


借金問題解決の関連ページ

【借金問題解決の計画を立てたいなら】

【債務整理に付いて詳しく知りたいなら】

【任意整理に付いて詳しく知りたいなら】

【過払い金に付いて詳しく知りたいなら】